Posted by & filed under イベント, プレスリリース.

shomeilong

日本語サポート継続・改善の請願

 

■三行で

・CCPが日本語サポート打ち切りそうな雰囲気です。
・継続を求める署名と公開状を提出するんでご協力お願いします。
・まだ明言されたわけじゃないのでCCPスタッフへの直言はお控えください。

(色々事情あって、胡乱な言い回しが多いですがご寛恕ください。署名用スレッドはこちらです。 )
shomeilink

1.上記画像をクリックして、公式フォーラムに飛びます。
2.ログインします。
setumei02
3.レスします。

署名内容は「賛同します」と一言レスだけでも結構です。

 

■はじめに
CCPスタッフとの通信をみだりに公開することは望ましくないとされているため、以下の内容はあくまで私個人の「感想」です。その点を踏まえた上でお読みください。

皆さんはじめまして。私はWalter Islands、普段はニューエデンのあっちこっちを適当にうろついている一介のカプセラです。何の影響力があるわけでもありませんが、ちょっとした縁あって、過去1年以上にわたりCCPスタッフとメールのやり取りを続けてきました。

ところが最近、ある疑いを感じさせる内容が彼らのメールに含まれるようになりました。その疑いとは、単刀直入に言えば、「日本語サポートの終了」です。

 

『日本人はサポート終了を覚悟している』?
先に述べたとおり、これはあくまで私の疑念です。私とCCPが連絡をとり始めてからというもの、CCPの日本語サポートに対する態度は積極的とは言い難いものでした。時にはこちらの指摘や提言が聞こえていないかのように振る舞うことさえありました。とはいえ、日本人コミュニティの小ささは日本人自身も自覚している事実ですから、やむを得ないことでもあります。

最近になって、この流れが変わってきました。それも悪い方向にです。以前はお茶を濁すだけで終わっていたのが、『日本人はサポート終了を覚悟しているはずだ』『日本語サポートを打ち切っても、コミュニティは問題なく存続できるに違いない』といった奇妙な反応へ変化したのです。

相手は日本語が分からない外国人スタッフですから、彼らが日本人コミュニティの状況を熟知しているはずもありません。にもかかわらずこのような、悪く言えば言い訳めいたことを話し始めたのには、最悪の展開しか連想できませんでした。

 

自然な展開
悲しい話ですが、CCPがアセンションを機に日本語サポート終了へ舵をきったとしても不思議ではありません。日本語化が実現した2012年からの4年間、サポート規模は縮小の一途を辿ってきました。開発者ブログとトレーラーの翻訳が止まり、コミュニティ担当の日本人スタッフは消え、今ではクライアントのローカライズも外部業者に丸投げされているようです。(ゲームのローカライズにおいて外注は珍しくありませんが、以前はCCPの日本人スタッフが行っていました)

それでも一定のリソースを割かねばならない日本語サポートは、CCPにとって楽しい存在ではなかったでしょう。しかし、これからのCCPはF2P化によって今まで以上の負担を抱えることになります。カスタマーサポートやローカライズが厳しい状況にあるのは前々から指摘されており、改めて合理化を進めたいと思うのは当然です。とはいえ英語はメイン言語ですから、サービスの質を落とすわけにはいきません。ドイツ語、ロシア語もユーザー数が多く、迂闊に手が出せません。フランス語はサポート開始から2年しか経っていないため、こちらも滅多なことはできません。そこで日本語に目をつけるのは、私が言うのもナンですが、理にかなった判断、自然な展開です。

 

そこでどうするか
繰り返しますが、これは私の「感想」「仮定」ですので、本当に日本語サービスが終了するかどうかは分かりません。ただ、日本語サポートは多くの日本人プレイヤーが考えている以上に危機的状況にあるのだということは強く感じました。このまま黙って見ているのもアリですが、EVEはCCPが常々言っているように、開発者とプレイヤーの相互作用で作りあげられてきたタイトルです。せっかくそんなタイトルを遊んでいるのだから、ただ受け身でいるのも芸がありません。

幸いなことに、2ヶ月ほど前にロシア人プレイヤー達が良い例を残してくれました。彼らはロシア語クライアントのローカライズ品質に抗議し、プレイヤーから200余りの署名を集め、CCP社CEOのヒルマル・ピエトルソンへ公開状として提出しました。(https://www.reddit.com/r/Eve/comments/540pdd/russians_appeal_to_hilmar_localization_status/) これは他言語プレイヤーの支持も集め、わずか1ヶ月後には大幅な修正が実現しました。

私も彼らに倣い、日本人プレイヤーとしての公開状を送りたいと思っています。具体的に言えば、公式フォーラムに署名用スレッドを用意し、その内容に賛同していただける方には賛意を投稿するという形で署名していただきます。そのスレッドはreddit(海外の大手掲示板サイト。CCPスタッフも閲覧・投稿しており、それなりの影響力を持っています)でも紹介し、この種の問題に関心のある他言語プレイヤーにも賛同をお願いします。

コミュニティ全体に関わることですので、本来なら複数人で内容・方法を検討することが望ましいのでしょうが、あまり時間をかけたくありません。現在の日本語サポートが大人数で行われているとは考えがたく、CCPがサポート体制の解体を始めれば手遅れになってしまうからです。

 

内容は?
何度も繰り返しますが、これらの話は私の「感想」ですので、ストレートに日本語サポートの終了を思い直せとは伝えません。サポート規模が年々縮小しているために日本人プレイヤーの不安を呼んでいることや、ローカライズ品質の低下、日本語公式サイトの更新停止など、現在の日本語サポートの問題点を指摘しつつ、サポート体制の維持を求めます。すなわち日本語が十分に話せるGMの確保と、クライアントローカライズの続行です。

加えて、ローカライズ品質の向上も求めます。現在のローカライズは明らかにEVEをプレイしていない人間が行っており、アップデートのたびに要修正箇所が増え続けている状態です(ワープ妨害型巡洋艦を補給戦重爆撃巡洋艦と言い直すプレイヤーはいないでしょう)。報告された誤訳が1年経っても放置されている状況では修正も期待できず、このままでは「日本語だろうが日本語でなかろうが、内容がちぐはぐだから意味がない」という状況になりかねません。

あまり期待できませんが、日本語公式関連の改善も求めてみたいと思います。タイムリーに更新するのが難しいなら、いっそ汎用的な内容のみに限定したほうがずっと良いはずです。今のような数年前の日付の公式サイト、公式twitterアカウントでは人を遠ざけるばかりです。

 

皆さんへのお願い
ただただ1人でも多くの方に署名していただくのが私からのお願いです。本当に意味があるのかと疑問に思う方もおられるでしょうが、少なくともCCPが彼らのなかで作りあげた「日本人の考え」を否定できます。日本人プレイヤーは日本語サポートが打ち切られてもいいと思っているわけではないと、意思表示することが出来ます。何もしなければ何も起きません。遅かれ早かれ、淡々と幕を引かれてお終いです。仮にCCPが日本語サポートの終了を考えていないとしても、こうした形で存在感を示すことは今後に良い影響を与えるはずだと信じます。

日本語クライアント自体が英語クライアントとの壁、害悪であると考える方もいらっしゃるでしょう。私自身その壁を感じたことがあります。しかし、門戸は広いに越したことはないと思うのです。たとえ日本語クライアントを使うプレイヤーでも、経験を積んでシステムを理解した後なら、英語クライアントへの乗り換えが叶います。最初の選択肢が英語クライアントしかなければ、英語に適応できるプレイヤーしか参入できません。どうかご協力いただければ幸いです。

別に日本人コミュニティにこだわらなくてもと考える方もおられると思います。その通りです。正直言って、私も何故こだわっているのかハッキリした理由は分かりません。ただ、Empires of Eveによれば、10年前のロシア人たちは自分たちのアライアンス…当時唯一の主要ロシア人コミュニティ…を守るため、6倍の敵を破るまで戦い続けたとか。やはり同国人と遊ぶのはなんとなく楽しいようです。

誤解していただきたくないのは、日本語サポートの継続はあくまで請願することであって、CCPあるいはCCPスタッフへ文句を言ったり、なじったりしても始まらないという点です。もう一度だけ念押ししますが、日本語サポート終了は匂わせる言葉があっただけであって、明言されたわけではありません。この方針がCCPスタッフ全員で共有されているかどうかも不明です。私には皆さんが不満をぶちまけるのを止める権利はありませんが、それは日本語サポート終了宣言まで我慢していただければ嬉しく思います。

 

長々と書きましたが、すべては皆さん次第です。何卒よろしくお願い致します。
(署名用スレッドはこちらです。 )
shomeilink
署名内容は「賛同します」と一言レスだけでも結構です。

 

(追記①)
皆さんのご支援に感謝します。想像を上回る賛同をいただき、本当にありがたい限りです。
CCPへのアピールをここで打ち止めにしようとは思いませんが、一定の成果が得られたと判断し、ヒルマル・ピエトルソン氏のtwitterアカウントへメッセージを送りました。
(残念ながら他にピエトルソン氏へ直接メッセージを送る手段がありませんでした) 賛同者の数は多ければ多いほど良いので、今後のご署名も大歓迎です。

CCPにも検討の時間が必要なのは理解していますが、年末休暇等を挟んで状況が長期化すると
有耶無耶に終わる可能性が高くなるため、なるべく早期に反応を得ることを目指します。

Comments are closed.