Posted by & filed under プレスリリース, ワールドニュース, 翻訳記事.

翻訳お知らせワールドニュース

レンズ星系ステーションの中毒事件で20人死亡…兵器化された精神作用ガスが使用された疑い
2018-10-08 22:52 スコープ、リナ・アンバー

レンズ発-ミンマター当局によると、レンズ6第8衛星軌道上ブルートー部族ステーションのカイフ民間人居住区において、「少なくとも20人」が死亡した。現地の治安機関は「精神作用ガス」が原因となって集団パニック発作や幻覚症状が発生したと主張し、カイフ居住区の隔離を宣言した。

ブルートー部族ステーションにいる特派員は、民間用の内部交通ネットワークが運行停止中だと報告している。汚染はカイフ居住区の外には広がっておらず、政府、軍、カプセラ関係の区域は安全だと認識されている模様だ。

汚染検知システムが迅速にガスを検出して警報を発したため、カイフ居住区のほとんどの人々は生命維持シェルターへ避難することができた。あるシェルターに逃げこんだ人々は、数度の小さな爆発とともにガスの黄色い濃い煙が居住区へ広がる光景を詳しく証言してくれた。

現場ではステーションの捜索救助隊が活動しており、共和国コマンドの駐留部隊も支援のために出動している。なお、ガス状の精神作用物質が原因だとする報道について、共和国保安局はコメントを拒否している。

共和国司法局関係者からは、ステーションにいた複数のアマター領事館員が拘束されたという最新情報も寄せられている。関係者によれば、領事館員たちは保安局の聴取に積極的に協力しているとのことだが、保安局はこの情報について肯定も否定もしていない。

Comments are closed.