Posted by & filed under プレスリリース, ワールドニュース, 翻訳記事.

翻訳お知らせワールドニュース

ガレンテ王族がカプセラとサンドゥの対立に第三の選択肢を示す
2018-10-24 16:35 スコープ、レト・グロリアクス

リアサトン星系、テイス(シャンデイル)発-ARCやUNF-Aなどのカプセラ組織による人道支援活動を擁護するため、きのう早朝、結婚して間もないエンシ・ベアトリス・バトゥーズとエンシ配偶・ジェラス・アライラがジンメイ母星の中央ガーロン・エンシネイト大使館に到着した。

エンシ夫妻は自らが治める連邦構成体の代表者としてサンドゥ議会を説得し、カプセラ組織に対する刑事訴訟を再考させることに成功した。サンドゥ議会は不法侵入、妨害活動、スパイ行為、国外組織であることを偽るためにダミー組織を不正利用した罪などでカプセラ組織を告訴しようとしていたと思われる。今回の外交交渉は非公開だったが、ある関係者はエンシがカプセラを擁護した理由について、今年1月6日にドリフターがルミネール星系に現れた際、アラタカ研究コンソーシアム(Arataka Research Consortium)が撃退に一役買ったことに影響されたのだと語った。

ガーロン王族連絡会はエンシ夫妻に代わってプレスリリースを発表し、サンドゥ諸侯がエンシ夫妻を歓迎した上で説得を聞き入れたことに謝意を表した。

「リアサトン6の不幸な行き違いについては、双方の懸念が正当なものだと多くの人々が指摘しています。完全に合法でないとしても、すべての関係当事者が善意に従って行動したという認識にもとづき、エンシネイトは平和的解決を提案します。サンドゥ議会はARC、UNF-Aその他の関係者が資産を撤収し、惑星から退去するなら、カプセラ組織による追放者の移送を許可することに同意しました。追放者はリアサトン6からガレンテプライムの中央ガーロン・エンシネイトへ移され、連邦憲法で保障されたあらゆる権利と保護を提供されます」

サンドゥ議会の代表者はエンシネイトの発表を事実だと認めながらも、カプセラ組織がどのような判断を下すかにかかわらず、イシエッテ地方議会議員たちはリアサトン6に設置された救護拠点を立ちのかせる方針で動くと明言した。代表者は議会がカプセラの法令軽視について依然として失望していると述べ、連邦構成体の許可なく違法に設置された救護拠点は承認しないと強調した。

Comments are closed.