Posted by & filed under プレスリリース, ワールドニュース, 翻訳記事.

翻訳お知らせワールドニュース

バッコモル・プロダクションズ解散…ノゴエイハヴィ社とウィルコミ社の対立を受けて
2018-11-02 16:23 スコープ、アルトン・ハヴェリ

ザ・フォージ、ジョサメト発-今朝、ノゴエイハヴィ社は記録保管局に有価証券を提出し、子会社バッコモル・プロダクションズの解散を申請するという驚くべき行動にでた。バッコモル社については、同社のアゼロカイバトコ・ホロドラマが持つコメディ作品「ファミリービジネス」をめぐり、ノゴエイハヴィ社のライバル企業であるウィルコミ社が企業裁判所へ訴状を提出していた。

ノゴエイハヴィ社が発表した声明の一部を引用する。
「市場状況と最近の法的攻撃を考慮し、バッコモル・プロダクションズは営業を終了します。従業員と資産は標準的な手続きに則り、公正な市場価格で放出されます。問題となっていた企業が消滅するため、カルダリ企業裁判所が審理すべき問題も消滅したものと当社は考えます」

記録保管局の他の申請内容を見ると、ノゴエイハヴィ社の新しい子会社「ピコヒモ・フィーチャーズ」がバッコモル社の資産の大部分を取得したことが分かる。この点についてコメントを求めると、ピコヒモ社の広報担当シラ・イウィは次のように話してくれた。
「私たちピコヒモ社は、この創造的な企業で未知のテーマを開拓することに強い興奮を感じています。新シーズンに備え、あのフゾ・キンヌヴァ監督やファミリービジネスの全出演者など、業界でも最高峰の人材をスカウトしました。当社にとって幸いなことに、出演者の皆さんは新シーズンの撮影に意欲的で、今はいろいろな交渉を進めています」

過去に制作会社と出演者の契約交渉が失敗した際は、カルダリ企業はしばしば新人俳優を雇い、彼らが演じる役にあわせて整形手術を受けさせてきた。これはガレンテのホロフィルム業界で普及しているような一般的な方法、特注した整形クローンへのボディスワッピングより費用対効果の高い方法である。

ノゴエイハヴィ社がとった解散戦略について、カルダリ企業法専門家の意見は割れている。イコマリオヌCF&Lサービスと契約しているヴィーリ・タカナは次のようにコメントした。
「専門家として言えば、ウィルコミ社が追求していた争点についてノゴエイハヴィ社を法的手段から守るには、この措置では不十分だと思います。しかし、バッコモル社を解散した行為と、その再建にかかる費用により、ウィルコミ社とセイツオダ家は自分たちの面目が保たれたと満足するかもしれません」

ウィルコミ社とカルダリ企業裁判所はスコープの取材に対して回答しなかった。ウィルコミ社関係者は匿名で次のように語っている。
「もしピコヒモ・フィーチャーズがアゼロカイバトコの新シーズンでセイツオダ家を辱め続けるなら、再び状況は悪化するだろう。そもそも、セイツオダ家が新たな侮辱を受けるまで何もせず待っているだろうか」

Comments are closed.