Posted by & filed under Devブログ, プレスリリース, 翻訳記事.

翻訳お知らせDEVブログ

5月28日、侵略開始
2019-05-04 – By CCP Falcon

EVE Russiaは順調に進んでいますが、EVE Invasion World Tourの一環として、私たちはここに次回エクスパンションを発表いたします。その名もEVE Online: Invasion。長くお待ちいただく必要はありません。今月末の5月28日には実装されます!

トリグラヴィアンの脅威はいよいよ現実のものとなり、カプセラはニューエデンが未だかつて経験したことがないほどの大規模侵略、インベージョン(invasion)に直面します。

新しいビジュアル、新しいコンテンツ、そして星系全体を覆う新しいエフェクトにより、アビサル・デッドスペースの予測不可能性と危険性が既知宙域へ溢れ出るのです。さてさて、一体どうなってしまうのでしょうか?

増大するトリグラヴィアンの脅威に加えて、カプセラはまったく新しいT2トリグラヴィアン艦を手にします。追加されるのはネルガル級(Nergal)強襲型フリゲート、ドラウグル級(Draugur)指揮型駆逐艦、イキトゥルサ級(Ikitursa)強襲型巡洋艦の3隻です。さらに、ダメージコントロール、アサルトダメージコントロール、補助シールドブースター、補助アーマーリペアラに使用できるミュータプラスミドも登場し、艦船フィッティングの戦術的選択肢がさらに広がります。

また、「Invasion」エクスパンションでは、昨年12月から4回のリリースを通して改善されてきた戦争システムが再びアップデートされます。相互戦争の仕組みが改良されるほか、複雑な計算式が使用されていた戦争手数料もシンプルな一律金額へと変わります。

ザ・エージェンシーも大幅に改良し、ベテランかルーキーかを問わず、誰もがコンテンツとアクティビティをより利用しやすくなるようオーバーホールします。エージェントファインダーが復活すると同時にビジュアル面も刷新され、資源採取や探検を含む色々な活動がもっと明確かつ簡潔に表示されるようになります。

もちろん、細かな改善点も盛り沢山です。ステーションサービスはインターフェースを変更して利便性向上を図り、ダマヴィク級フリゲートのリバランス、電子戦ドローンの微調整なども予定されています。

その他の重要なバランス調整といえば、T2弾薬がファクション、ストーリーライン、オフィサー兵器モジュールに装填できるようになります。

ニューエデンは16年の歳月をかけて進化してきましたが、5月28日にさらなる一歩を踏みだし、今またこれまでとは違った世界になることにワクワクしています。カプセラ達が新しいコンテンツにどう反応するのか、とても楽しみで待ちきれません!

「Invasion」エクスパンションに関するより詳しい情報は近日中に発表し、EVE Updatesも更新します。パッチノートは実装の前週に公開する予定です。

最新情報を知りたい方は、公式サイトのニュース記事や開発者ブログに注目しておいてください!

この開発者ブログについて議論したい方は、公式フォーラムの総合感想スレッドをお気軽にご利用ください。

そしてこちらはEVE Invasion World Tour第二弾、今まさにサンクトペテルブルクで開催されているEVE Russiaの会場からの一枚です!

Comments are closed.