Posted by & filed under Devブログ, プレスリリース, 翻訳記事.

翻訳お知らせDEVブログ

EVE Online: Invasion – ポインターツール実装!
2019-05-22 – By The EVE Dev Team

この開発者ブログについて議論したい方は、公式フォーラムの総合感想スレッドをお気軽にご利用ください。

ご機嫌よう、宇宙の友人諸君!

皆さんご存知のとおり、EVEコミュニティは新人パイロットにとても協力的です。自分以外の誰かがゲームを学び、楽しむため、皆さんは多くの時間と労力を費やしています。そんな光景を目にするのは実に素晴らしいものです。ルーキーヘルプチャンネル、初心者向けコーポレーション、自由参加フリート…時には砲弾と助言をいっしょにプレゼントすることもあるでしょう。どんな方法であれ、EVEプレイヤーは新規プレイヤーに手を差しのべ、彼らの最初の一歩に力を貸しています。

そんなわけで、私たちはポインター機能を実装できて本当に幸せです。この機能は「新規プレイヤーを助けるのを助ける」ためのツールとして、コミュニティからリクエストされていたものでした。

少し背景事情を説明しておきます。ここ数年の色々なイベントにおいて、私たちは教育的コミュニティのメンバーから「自分の画面上にある何かを他プレイヤーに示す機能がほしい」と頼まれていました。超クールなアイデアに思えたのですが、当初は悪用を懸念して実行に移しませんでした。昨年10月のEVE Vegasで再び提案を受けると、今回はNPE用UIポインタとゲーム内リンクを組み合わせることで、問題をクリアできる可能性が見えてきました。私たちはこのアイデアを実験し始め、まもなく本格的な開発を開始。こうして完成したポインターツールが、今月のアップデートでTranquilityサーバーに実装されます。

◆で、どんなツールなの?

「よし、画面左側を見れば現在の星系が表示されているのは分かるね? その下に『ルート』って書かれてて、隣に『A』アイコンがある。それを押して『最短ルートを選択』 に切り替えるんだ」

「入港したときに表示されるステーションサービスウィンドウ、その出港ボタンの下に色んなアイコンが並んでる。その中にTシャツみたいなアイコンがあるだろ。それを押して、キャラクターカスタマイズ画面でPermabandシャツを着てくれ」

こういう説明、おなじみですよね。EVEで誰かを手助けしたことがあるなら、きっと似たような言葉を口にしたはずです。ポインターツールの基本的な機能は、何かの場所を言葉で説明するかわりにシンプルなリンク1つで示すことです。

使い方はすごく簡単です。Neocomメニューのアクセサリフォルダからポインターウィンドウを起動すると、ポインターツールが指し示すことのできる、よく使われがちなUIの一覧が表示されます。このウィンドウからチャット等のテキスト入力部へUIをドラッグすると、独特な色のリンクが作成されます。誰かがそのリンクをクリックすると、クリックしたプレイヤーの画面上で、リンク先UIにUIポインターが表示されます。ポインターが表示されるのは2秒間、リンクがクリックされたクライアントのみです。

リンク先UIが画面上に存在しない状態でリンクをクリックした場合、そのUIが画面上に存在しない旨が通知されます。ただし、Neocomの各種ボタンだけは例外です。ポインターはNeocomを指し、対象ボタンがどのフォルダに格納されているのか案内します。

ポインターツールはあなたのEVEクライアントを他人に操作させる機能ではないと強調しておきます。他のプレイヤーができるのはリンクを送ることだけです。あなたが自分でリンクをクリックすることで、あなたのクライアントにのみ、初めてポインターが表示されます。ポインターを見たくない? リンクをクリックしなければ問題ありません。また、UIリンクをクリックしてもリンク先UIを選択したことにはなりません。UIがあなたの画面のどこに存在するか教えてくれるだけです。

ポインターウィンドウにはチェックボックスがあり、ここにチェックを入れれば、あなたがリンクできる全てのUIに青枠が表示されます。このモードを起動した状態で青枠にマウスポインタを移動し、CTRLキーを押すと、そのUIがポインターウィンドウのどこにあるか案内されます。自分が示したいUIの名前が分からないときに便利です。

万能検索機能はポインターにも対応しているので、検索ワードが該当すれば検索結果にポインターも表示されます。検索結果からポインターを選んで画面上に表示させることもできますし、ポインターウィンドウのようにテキスト入力部へドラッグしてリンクを作ることもできます。

ポインターの対象UIは次のとおりです。

・すべてのNeocomボタン
・選択アイテムウィンドウの(ほぼ)すべてのボタン
・属性タブ
・オートパイロット
・オートパイロット設定
(中略。リンク可能なUIは計65種)
・トレーニングキュー
・派生艦タブ
・出港ボタン

とりあえずこれだけのUIを対象としましたが、必要に応じて種類を増やすことは可能です。ありとあらゆるUIを登録したいとは思いませんが、特に役立つと思われるものがあれば、ぜひフィードバックをお寄せください。ただし、ポインターツールは宇宙空間のアイテム類を示すための機能ではなく、あくまで特定のUIを示すための機能ですので、その点はご理解ください。

今日のところは以上。これからも初心者には(もちろん、ベテラン同士も)模範的カプセラとして接してくださいね!

o7

Comments are closed.