Posted by & filed under プレスリリース, ワールドニュース, 翻訳記事.

翻訳お知らせワールドニュース

スコープニュース – トリグラヴィアンの侵略が激化
2019-06-07

カプセラが対トリグラヴィアン防衛の要となっています。トリグラヴィアン艦は少なくとも3方面で確立されている「コンジット」を通じ、ニューエデンへ侵入している模様です。また、彼らは相当な被害を出しながら、さらに多くの戦力を調査活動に投じています。これまでのトリグラヴィアンはカプセラから激しい迎撃を受けると、比較的速やかに侵略宙域を撤退していました。

事前に受信したメッセージはトリグラヴィアンの新たな活動を予告していました。解読したメッセージは「前進」、すなわち侵略が第二段階へ進んだことを示唆しており、「行動境界性」の「実施」という表現からは、交戦規定ないし戦術を変更したらしいことが読み取れます。今までトリグラヴィアンがストラクチャを攻撃したことはありませんが、彼らは侵略宙域に橋頭堡を確保することを最優先目標とし、第二目標に「空隙構造体サンプリング」を挙げています。さらに、メッセージには「コンジット安定要素」という表現が含まれ、その状態は「一過性」だとされています。コンジット周辺の配置図も記録されており、その外観はカプセラがコンジット確立宙域で目にした光景と一致しました。

カプセラがトリグラヴィアンを迎え撃つ一方で、CONCORDと各国の対応方針は合意に至っていません。CONCORDは侵略が封じ込め状態にあるとしていますが、各国はCONCORDが後方で待機せずにトリグラヴィアンと戦うことを求めています。しかし興味深いのは、各国軍の動きも積極性を欠くことです。最初に強力な行動をとった国家は、トリグラヴィアンから主敵だと見なされるのではないか。あるいは、軍事行動によって国家間の微妙なバランスが崩れてしまうのではないか。そんな恐れが躊躇につながっているのだと指摘する声もあります。侵略は激しさを増していますが、国際的な対応方針が定まるまで、ニューエデンの守りはカプセラにかかっていると言えるでしょう。

スコープのアルトン・ハヴェリがお送りしました。

ニュースティッカー
・インペリウム艦隊(Imperium)がトリビュートを攻撃。北部の紛争は拡大の一途をたどる
・速報: チョーンカ星系の放棄されたサンシャアウトポストで銃撃戦
・小規模コンジットがトリグラヴィアンによる侵略の主戦場と化す
・アップウェル・コンソーシアムはステルスストラクチャ技術の噂についてコメントを拒否
・アマー当局がアマープライム、ヴェス・ユードルにおいてトリグラヴィアン崇拝カルトを一掃
・速報: トリグラヴィアン艦隊がステーションと小惑星コロニーを攻撃したとの情報
・アルキュリオ・スコーピオンズがヴェリン・イサーキと契約。グラブボール選手の移籍金としては過去最高
・パトリー・コンステレーションの軍事総督が防衛作戦を指揮
・ミネン・コンステレーションでホームガードとライダイ警備サービスが動員実施
・第14期星間管理評議会選挙に向けて活気を増すカプセラ社会。ジンターン(Jin’Taan)の候補者インタビューもGalNetに登場
・トリグラヴィアン新型艦が初の実戦を経験。カプセラアナリストは戦闘能力を評価中
・トリグラヴィアン艦隊はチャーメロート、エロナヤ、エセスカマ星系周辺に展開
・速報: トリグラヴィアンが宇宙施設から人間を誘拐したとの情報
・部族会議はサンマター・マレアツ・シャコールが軍民の対応を調整することを承認…

Comments are closed.