Posted by & filed under プレスリリース, ワールドニュース, 翻訳記事.

ガレンテの通信ネットワーク復旧 ローデン大統領が演説
2020-02-28 16:49 スコープ、リナ・アンバー

エッセンス、ルミネール発-テロ攻撃大統領選延期の衝撃が広がるなか、ジャッカス・ローデン大統領は国内に向けて演説を行い、民主主義を守り、テロリストに罰を与えると誓った。惑星上の通信ネットワークは引き続き統制下にあるものの、連邦各地をつなぐ通信網が安定したため、大統領のメッセージはガレンテ全域へ放送された。

ローデン大統領は演説の中で、今回の事件と政府の対応について大まかに説明し、この危機を乗り越えるため今後どのように行動するかを予告した。

「大いなる民主主義国家、ガレンテ連邦の市民の皆さん。私たちは攻撃されています。売国奴アンヴェント・エトゥラーの裏切りから今日までの間で、最も凶悪な攻撃を受けています。エトゥラーの背信に匹敵する凶行ですが、連邦だけでなく偉大な民主主義の基本原則が標的にされたという点で、決定的な違いがあります。今回の攻撃は前回にも増して禍々しい攻撃です。はっきりさせておきましょう。私たちの生き方に卑劣な攻撃を加えた者たちは、売国奴エトゥラーのように迅速かつ確実に裁きを受けます」

「親愛なる市民の皆さん、まず最初に、生命を失ったりひどく傷つけられたりした人々、この事件に巻きこまれたすべての被害者と家族を思い、皆さんとともに嘆き悲しむことをお許しください。私は大統領の職務として、一連のおぞましい攻撃による死者が7,000名を超えた事実を報告しなければなりません。残念ながら、死者数は今後さらに増える可能性があります。数万人あるいは数十万人が怪我に苦しんでいる状況です」

「大統領候補、連邦管轄施設、民間インフラへの物理的攻撃により、多くの犠牲が出ました。悲しむべきことですが、並列攻撃を受けた対象と範囲を考えると、これから相当数の負傷者が確認され、最終的にかなりの数の人々が命を奪われる可能性は、かなり高いと言わざるをえません。やがてその時が訪れれば、私たちは民主主義社会として、連邦として、完全な悲しみを味わうことになるでしょう」

「次に、昨夜の事件で襲撃された有力な大統領候補について、最新の状況をお伝えしたいと思います。幸いにもセレス・アガード知事は生存しており、安全な場所で療養中です。ニューリエンヌで爆弾テロを受け、その場にいた他の人々のように肉体的に死亡しましたが、連邦政府に登録された人格バックアップとクローンによって正常に復活しました。テロリストは数千人を惨殺したものの、目標は果たせなかったのです」

「スヴィオ・ベラロン元老院議員も生存しており、容態は安定しています。議員は連邦海兵隊により、インタキ星系の安全な医療施設へ搬送されました。私たちは彼が快復することを願い、また、快復するはずだと信じています。シェイリーン・ラムネヴ元市長は重傷ですが、命にかかわる状態ではないと報告を受けています。私は連邦海兵隊にアルキュリオ市の病院を警備するよう命じ、医療部隊にはあらゆる必要な支援を提供するよう指示しました」

「ワヤキ・カヤラ議員はマンナー・セギンデで退役軍人を訪問した際、彼の命を狙うテロリストに襲われ、軽傷を負いました。現場にいた勇敢な人々、すでに多くを連邦に捧げてきた退役軍人たちは、議員を守るためにためらいなく戦ったと聞いています。退役軍人1名が入院中ですが、カヤラ議員は完全に回復する見込みです。ケレン・オンバッド元老院議員、メンタス・ブラーク局長、ユリアヌス・ソテル将軍(Julianus Soter)への直接的な襲撃は行われなかったものの、私たちは彼ら全員が標的にされていたはずだと考えています」

「今回の事件はガレンテの民主主義を根底から覆そうとする恐るべき陰謀です。大統領候補の暗殺未遂という暴力的なテロ行為が証拠として十分でないなら、私としては十分以上だと思いますが、連邦全体の通信ネットワークに対する攻撃は何を意味するのでしょうか。テロリストの意図はあまりにも明白です。非常に遺憾ながら、政府は連邦選挙委員会の決定に同意し、追って告知するまで選挙を延期します。市民の意思を政治に反映する上で必要不可欠な民主的プロセスをなるべく早く実施するため、私たちは延期期間を早々に終わらせる決意です」

「連邦管理局はすべての連邦機関、CONCORD、信頼できる民間組織と協力して、超光速通信インフラの中核機能を復旧させました。とはいえ、現在も多くのデータが失われており、惑星上の通信システムも安定していないか、サービスが限られている状況です」

「政府は通信網を全面回復させるべく、リージョン、星系、天体、宙間構造物など、連邦のあらゆるレベルで不断の努力をつづけています。幸いなことに、ソリチュードと連絡がとれない問題は短時間のうちに解決し、現在は官民どちらの超光速通信も再接続されています。軍と治安部隊のネットワークは維持され、基本的な通信手段が断たれることはありませんでした。連邦政府のために通商保護委員会と指令執行局の帯域幅を提供してくださったCONCORDには、ガレンテ連邦として謝意を表します」

「この悲劇に対し、CONCORDだけでなくミンマター共和国、カルダリ連合、アマー帝国からも、思いやりある対応を受けています。彼ら宇宙の隣人たちにも大いに感謝します。各国が何らかの形で我が国を支援してくれており、注意と自制が働いたおかげで、さらに大きな悲劇が生じる結果は避けられました。特にサンマター・マレアツ・シャコールと部族会議からは惜しみない援助があり、ミンマター共和国には一層強い感謝の意を表したく思います。人間の自由を重んじる共通理念の上に打ち立てられた両国の同盟関係は、今日まで力強さを失っていません」

「未来に目を向けましょう。私はガレンテ連邦の市民の一人として、同時に偉大な民主主義社会の大統領として、皆さん全員に安心してもらいたい。私の最優先任務は民主的政府を継続させることです。この任務を達成するには、連邦と市民の安全を再び確立し、強化しなければなりません。民主的選挙が安全かつ完全な自由のもとで行われなければなりません。正当に選出されたガレンテ連邦次期連邦大統領へ、平和的に権限が移譲されなければなりません」

「私はこれらの条件を完全に満たし、任務を果たすと誓います。親愛なる市民の皆さん、惨劇と凶行のただ中にある皆さん、心を強く持ちましょう。連邦は耐え抜きます。連邦とは自由そのものであり、自由が死ぬことは決して無いのです」

ガレンテ政府は宇宙空間の超光速通信ネットワークが今週末にもほぼ完全復旧するだろうと見ている。惑星上の通信ネットワークやその他のインフラは、復旧するまでさらに時間を要する可能性がある。特に重要なインフラについては、ほとんどの場所で来週前半には復旧する見通し。ガレンテ海軍と連邦海兵隊は引き続き厳戒態勢をとっている。

その他のニュース
・ルミネール星系の連邦証券取引所は連邦安全保障会議の指示により取引停止中
・キモトロ証券取引所はやや激しい値動きを見せるも、巨大企業の株価がわずかに上昇
・フロセスウィン4の共和国コマンドは「まもなくアマー軍占領都市間の連絡線を断つ」
・インナーサークルが国境地帯の緊張緩和に努める。CONCORDは週末に全体会議開催へ
・ミンマターとカルダリが停戦提案を拒否、紛争宙域での戦いが再び激化
・ミンマターはユーライ合意と緊急義勇兵戦争権限法にもとづき、「フロセスウィン4解放」の権利を主張。メトロポリスでの作戦も続行
・カルダリは「企業資産回復に関する合法的演習」として紛争宙域で活動継続
・サルム家とアーディシャパー家が作戦方針をめぐり対立。緊張状態が続く枢密院会議
・クーニッド軍と治安部隊がアリディアとクーニッドで掃討作戦実施。数千人を逮捕
・速報: フロセスウィン4南部大陸沿岸の小都市で反物質弾頭が爆発。死傷者数不明
・速報: CONCORD紛争監視局が「南極海の潜水艦からの極超音速ミサイル発射」を確認したとの情報あり
・速報: CONCORDは「フロセスウィン4にサルム家のイムド・オキャナウ級戦略潜水艦が存在する」と見なしている模様
・速報: CONCORDがユーライ合意のもとで中立を維持しつつ、「紛争監視局の情報をミンマターに提供する」動きあり

Comments are closed.